*

秋の寒さと、その後ろに控える冬の気配

最近は朝晩の冷え込みも感じられるようになり、うっすら肌寒さを覚えるようになりました。 朝、外が明るくなる時間も遅くなり、明け方はひんやりしていることもあって、ついつい朝寝坊してしまいがちです。夏の蝉の鳴き声や、肌に感じる汗で起きてしまうような日々もどこへやら...これから到来する冬のいっそうの寒さに、いまのままでは...と一抹の不安がよぎります。 夜は夜で、帰宅後に湯船に熱めのお湯を張り、ゆっくり浸かる日が増えてきました。あったかいお風呂が気持ちよい季節になったのはいいものの、ほっかほかの体を拭いているうちに肌寒さを感じます。薄着のまま化粧水やもろもろのケアをしていると、お布団に入る頃にはすっかり冷めてしまっています。 あっという間に寒くなって、気を付けないと風邪を引いてしまうような寒さも、近いうちにやってくるでしょう。寒くなるといろいろなことが億劫になってくるので、いまから冬の訪れに危機感を抱いています。 薬剤師転職非公開トリプルx


コメントする